docker ビルド時のレイヤー上限は 125

docker ビルド時のレイヤー上限は 125 (暫定) という話。終わり。 動作確認 OS は Ubuntu 、docker は 20.10.2 を利用する。 # docker --version Docker version 20.10.2, build 20.10.2-0ubuntu1~20.04.2 以下のようなファイルを用意してイメージをビルドす…

kubernetes CRI とは

k8s

概要 CRI(Container Runtime Interface) は、kubelet(kubernetes のコンポーネント) がコンテナランタイムを操作するためのインタフェース。 コンテナランタイムは kubelet からの命令を受けて、イメージを取得したりコンテナを実行するもの。メジャーなコン…

containerd のイメージ取得はどのように動作するか?

次のコマンドがどのように動作するかを調査する。 # crictl pull alpine Image is up to date for sha256:6dbb9cc54074106d46d4ccb330f2a40a682d49dda5f4844962b7dce9fe44aaec # crictl images IMAGE TAG IMAGE ID SIZE docker.io/library/alpine latest 6db…

containerd をデバッグする手順のメモ

containerd はコンテナランタイムのひとつ。CRI に準拠しており、Kubernetes のコンテナランタイムとして利用できる。 仕事で containerd の調査ができそうな気配があるので(あるかな?)、containerd を動作確認しつつ調査できるようにデバッグ環境を整える。…

よくわかる man の読み方

man の man を読んでください。以上。

nmstate 宣言的なネットワーク管理

この記事は Linux Advent Calendar 2020 の 12 日目です。RHEL 8.2 で Tech Preview として紹介されていた nmstate を軽く調査しました。 検証環境 CentOS 8 と nmstate-0.2.10 を利用する。 # cat /etc/redhat-release CentOS Linux release 8.2.2004 (Core…

NetworkManager の仕組み

Linuxその2 Advent Calendar 2020 の 9 日目です。 この記事は、普段ググりながら適当に使っている NetworkManager について、どういう仕組みなんだっけ?を調べなおすものです。 検証環境 CentOS 8 を利用する。 # cat /etc/redhat-release CentOS Linux re…

glibc に感謝せよ

この記事はいくつかの言語のランタイムで glibc が利用されていることを確認し、glibc に感謝するものです。 Python3 Python3 の処理系は CPython。 # python3 -VV Python 3.6.8 (default, Nov 21 2019, 19:31:34) [GCC 8.3.1 20190507 (Red Hat 8.3.1-4)] …

TCP/UDP のスループットと RTT の関係性をざっくり理解する

次のような環境を用意し、TCP/UDP のスループットと RTT の関係性を検証する。 検証結果 次の検証結果から、TCP のスループットは RTT が増えると低下することがわかる。なお、これは CUBIC における検証結果なので、輻輳制御アルゴリズムが異なると厳密には…

ファイルがディスクに書き込まれるまで

ファイルがディスクに書き込まれるまでの道のりをまとめた。 stdio buffer バッファリングのモード 性能 バッファサイズのデフォルトについて 注意点 ページキャッシュ 性能 RAID コントローラキャッシュ ディスクキャッシュ 最後に stdio buffer write(2) …